正修寺別院「縁の里」動物霊園のブログ

大阪府茨木市の正修寺別院「縁の里」動物霊園では、家族の一員として共に暮らしたペットたちが安らかに眠れるように日々供養をいたしております。「縁の里」でのイベント情報や日々の様子をご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本門法華経の梗概(こうがい:概要) 第13回

十方の衆生は、空中のこの声を聞いて合掌し、娑婆世界に向かって、『南無釈迦牟尼仏、南無釈迦牟尼仏』と帰命し。----咸皆帰命(かんかいきみょう)

種々な華や瓔珞(ようらく)、その他の珍宝を遥かに娑婆世界に向かって散ずると、恰も雲か霞の如くそれは宝帳(:とばり)となって、釈尊はじめ大衆の上を覆い。----遙散諸物(ようさんしょぶつ)

ここに、十方の世界は何等のさわりもなく、ただ一つの浄らかな仏国土となった。----通一仏土

かく十種の不思議を大衆のまのあたりに示現(じげん)された釈尊は、上行菩薩を首とする本化の菩薩に、滅後における法華経の弘通を委嘱(いしょく)されるため、

「仏の有つ不思議の力はかくも偉大なものであるが、この不思議の力を以て、お身たちに、滅後殊(こと)に末法の世における法華経の弘通を委托するために、どんなに長い間かかっているかその功徳を説いてもとても説き尽くすことはできない。要するに、仏の説く一切の教法、仏の有つ、一切の力用、仏のみの悟れる諸法の実体、仏が究めている因果の大事は、残ることなくこの法華経の中に説き尽くしてあるのだ。

それ故に、お身たちは、わが滅後に余念なくこの法華経を受持し、読誦し、解説し、書写して、仏の説いたままに修行してくれ。この法華経を信仰修行するところ、それは、園の中でも、林の中でも、樹の下でも、或は僧坊・在家・殿堂、さては山谷・荒野をえらばず、そこには宝塔を建てて供養するのだ。そのところが直ちに、仏の座する道場であり、仏はそこに正覚を成じ、そこの法を説き、そこに入滅を示すのだ。

わが滅後において、仏の説く教典の因縁と順序をよく弁(わきま)えて、義理に随(したが)い、経の教えるままに弘通するなら、日月の光明が能(よ)く地上の一切の闇を除き去るが如く、この人は世間に処して能く衆生の心の闇を除き、人々を一乗仏の教へ導くであろう。それであるから、正しい智慧をもつものは、法華経の広大な功徳を聞き、わが滅後によく受持し、信仰してくれ、その人は仏果を成就することにおいて、決して疑いはないぞ。」

かく滅後における法華経弘通の大使命を本化上行菩薩衆に委嘱された釈尊は、更に不思議の力を現じ、右の手を以て「迹化(しゃつけ)」の多くの菩薩衆の頂(いただき)を三たびまで摩(な)で、

「釈迦牟尼仏が長い間に習得した無上正覚の教をお身たちに委ねるから、その流布に専念し善く世の人々を利益して貰いたい。」と三たびまで菩薩の頂を摩で、重ねて、

「わが久しきに亙(わた)って修得した法華経を、今、お身たちに託すから、受持し、読誦して、広く宣布し、衆生に知らしめてくれ。

仏は大慈悲を以ていささかも吝(やぶさ)かでなく、一切衆生に仏の正覚の智慧を与えたいのだ。仏はまさに一切衆生の大施主である。お身たちも如来の如く、よく修学し、衆生に残すことなく教えてくれ。仏の滅後に仏の正覚の智慧にあこがれるものには、法華経を説いて聞かせてやれ、仏の智慧を得させんがためである。しかし、仏の真実の悟りの智慧にまだあこがれをもたぬものには、法華経以外の尊い経典によって教化を垂れてくれ。お身たちが仏のこの言に従って弘通してくれるなら、それが、取りも直さず、仏の恩を報ずることとなるのだ。」と告げられたので、多くの菩薩衆は承って全身に歓喜をみなぎらせ、恭しく身を曲げ、頭を垂れて合掌し、声をそろえて、

「世尊の勅(みことのり)の如く具(つぶさ)に奉行いたします。どうか、世尊!み心安く思し召してくださいませ。」と三たび
くりかえし、更に、「背損の勅の如くに具に奉行いたします。どうか、世尊!み心安く思し召してくださいませ。」と宣誓すると、釈尊は十方より来集していた分身(ふんじん)の諸仏を、それぞれ本国に還らしめてと思われ、
「諸仏!それぞれ本土に還って安息して貰いたい、多宝仏塔も、大事が終わりましたから、故(もと)の如くお閉じください。」と仰せられたので、多宝如来、十方の分身、上行菩薩をはじめ一会の大衆は、心安く歓喜してそれに従い、ここに虚空における法座は閉じられて、再び会座は地上の霊鷲山にかえることとなった。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

縁の里

Author:縁の里
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

ワンクリックで救える命がある!

世界では、1日に4万人以上が、そして、1カ月では120万の人々が死んでいきます。 1年間では1500万の人々が貧しさを原因として死んでいくのです。 さらに深刻なのは、その90パーセント以上が子供だということです。
大阪府-ペット霊園-正修寺別院「縁の里」